メインメニュー
検索

女性部ブログ -   3月11日  女性部静坐会

  3月11日  女性部静坐会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
女性部 2017/3/12 19:50

今日は311日。 東日本大震災から6年になります。

座禅後に、大震災の翌年に総裁が禅誌に書かれた「日々に新たに」を読みました。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 「今」は過去と未来の境界、接点でしかない。

 「今」は瞬間に過去になり、新しい「今」が生じます。

 時の流れは、「今」が過去になり、未来が「今」になる連続の流れであります。

 「生きている」ということは過去にも未来にもなく、「今」と云う現在形でしか

 存在し得ないものであります。生きている真実は、「今」にしかないのであります。

 人間の知覚は過去の経験から未来を推し量り、明日も来月も来年も引き続き生きて

 いるだろうと慣習的に惰性的に考えがちなものですが、「生きている」ということは

 「今」だけであることを、そして次に来る「今」は自分にかならず来るとは保証

 出来ないものであることを、東日本大震災が冷厳として証明したのであります。

 「日々に新たに生きる」ということは、「今」をしっかり保持しておくことが前提に

なり、そのためには深い三昧の一日一炷香が欠かせないということであります。

「光陰矢の如し」であります。一日が如何に重く大切か、そしてなんと素晴らしい

ことか! 

( 失礼ながら省略致しましたので詳しくは『禅』35号・p2をご覧下さい)

 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


女性部静坐会スタート直後から参加してくださったkさん。転勤で暫く地方行かれる

そうで、美味しいお菓子を差し入れてくださって、皆さんとご馳走になりました。

青森には人間禅がないので、お寺を探して座禅を続けられるそうです。嬉しいこと!

学生時代の友人を連れて来て下さいました。


前日、メキシコから来日した男性。

日本は初めて。訪問先のどの国でもその国の特徴的なことを経験したいと思う、と

友人(通訳もかねて)とみえて椅子座禅を経験されました。


今日も7人の新しい方が見え、私の座禅指導の足りない部分をkさんに補っていただき、

3年以上参加なさったkさんの「今」を感じ嬉しかったです。


桜の開花は25日の予想。ここ谷中の墓地、それは見事に装います。

次の土曜朝、開花の気配を感じながら座禅を組み、後のお抹茶をお楽しみ下さい。

お待ちしております。   (秋香)



 



トラックバック

トラックバックpingアドレス http://women.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/247
Copyright © 2012 人間禅 女性部 (Powered by ImpressCMS) | Design by PAGE DESIGN lab.