メインメニュー
検索

女性部ブログ - 座禅で「平常心を保つ」ことができるのか?!

座禅で「平常心を保つ」ことができるのか?!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
女性部 2018/3/4 18:29

ひな祭りの日に女性部主催座禅会ってなんだか少し嬉しくなります。

といっても特別なことはしませんでしたが。

 

33日(土)、東京・日暮里にある擇木道場の女性部主催の座禅会にご参加くださったのは常連の方2

会員5名とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。

 

常連の方のうちお一人は人間禅東京支部に入会される予定です。

そのお方は擇木道場での有楽流お茶のお稽古にもほぼ皆勤という熱心さ!

317日(土)の禅フロンティアでの朝のお茶席でお点前をされますよ。

 

女性部では座禅のあとに輪読をします。

この日も総裁老師の著書である「坐禅の効用」を読みました。

 

今日、読んだところは「常に平常心を保ってことに当たれる座禅の効果」について。

三昧が身に付いてくるとどうなるのかということが書かれていました。

せわしなくて焦り気味だったり、カリカリと頭に血が上ってしまうことがあっても、座禅をしていればきっと精神的に安定した日々を過ごすことができるようになるのではないかな、と思いました。

そのためにも一日一炷香は生活の一部にしたいですね。

 

輪読のあとはお抹茶を点ててお菓子とともにいただきます。

各自で茶筅を持ってお茶を点てるのですが、これが美味しい!

この日はお茶を飲みながら「三昧ってどんなだろう?」という話題がでました。

 

読書三昧、仕事三昧などと言いますが、座禅では三昧を高速回転する独楽に例えているのをよく聞きます。

静止しているようにみえる独楽ですが、少しでも触れたりすればバチッっと跳ねますよね。

止まっているようにみえても実は・・・という感じです。

 

独楽に例えられている三昧ですが、これ以上の説明は私には難しい~!

「高速回転する独楽」ってなんとなくイメージできますが、三昧そのものは皆がそれぞれ「あれが三昧だったのかも」という経験を積み重ねていくものかもしれませんね。

 

平常心を保ちたい」という方、

落ち着いてゆったり過ごしたいいう方、

三昧ってナニ??」と思った方。

 

土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。

  合掌 翡翠 拝
 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://women.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/287
Copyright © 2012 人間禅 女性部 (Powered by ImpressCMS) | Design by PAGE DESIGN lab.