メインメニュー
検索

女性部ブログ - 座禅で「隣の芝」の見え方が変わる?

座禅で「隣の芝」の見え方が変わる?

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
女性部 2019/9/4 23:12
日暮里駅からシオカラトンボに先導されて擇木道場へ到着しました。
暑い暑いと言ってるうちに夏が終わってしまいそうです。

擇木道場での女性部主催の座禅会では、いつものように座禅をして、その後、禅に関する本を少しだけ輪読。
そして、お抹茶をいただきながら今日の感想や近況報告などをしました。

おしゃべりの中で「隣の芝が青く見えてしまう。。。そんな自分が。。。どうしたら?。。。」という話が出ました。
座禅をしてみようと思ったきっかけのひとつがそのような事柄への対処を考えて、なんだとか。
「隣の芝ってぇのは青いもんだ」と思っていた私は、そこを悩むという真面目さに感動。
隣の芝を羨むということは、実は向上心の現れなのではないでしょうか?
現状に満足せずにもっと上を目指そうとするって、とっても素晴らしいことだと私は考えます。
ただ「いいなー」で終わらせるのではなく、隣の芝のような青さを我が芝にも!と貪欲になりたいものだ、と気を引き締められました。

女性部主催の座禅会では助警というお役をやらせていただくことが多いですが、そこでも隣の芝が青く見えたりするのです。
助警とは、座禅中に姿勢が悪くなっている方の姿勢を直すことが役目のひとつ。
一人ひとり見て回っていると、背筋がスッと伸びている方やどっしりと山の如く座っている方など「すごいな、羨ましいな」とつい思ってしまうもの。
それならば、じっくりとっくり座り方を観察して自分の座相に取り入れさせてもらうこともできるのでは?
姿勢を直す役目なのに、自分の姿勢も向上させていけるなんて役得ですね♪

座禅をしていると隣の芝の青さが増すかもしれません。
もしかしたら、隣の芝の青さが気にならなくなるかもしれません。
隣の芝の見え方は未知数ですが、座禅を続けることによってどう見えるようになるのでしょう?
ちょっとわくわくしてしまいます。
  合掌 翡翠

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://women.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/308
Copyright © 2012 人間禅 女性部 (Powered by ImpressCMS) | Design by PAGE DESIGN lab.