メインメニュー
検索

女性部ブログ - 座禅とは気付くということかもしれない

座禅とは気付くということかもしれない

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
女性部 2019/10/7 23:06

2019105日(土)の女性部主催座禅会には、会員4人のほかに初参加の方1名と常連の方2名がご参加くださいました。

25分の座禅、5分休憩して30分の座禅。

それから、座禅についての本を読んで感想を述べ合います。

そして、お楽しみのお抹茶タイム!

初めてご参加の方のお話を聞いたり、各々近況を報告したり。


この日は「知ることと得ることの違い」という文章を読みました。

幼い頃私たちは毎日体得していたのではないでしょうか?

転んだら痛い、お友だちを叩いたらその子が泣いた、お友だちに叩かれたら痛くて泣いた、お湯に手をつっこんだら熱かった、水に濡れたら冷たくなった、、、などなど。

経験を積んで大きくなってきたはずなのに。。。

いつから知識を手に入れることに重きを置くようになってしまったのでしょう。

座禅の修行は体得することと言われています。

体得したり、そうか!と気付いたりしていくもののようです。

座禅の姿勢なども座布団の高さを変えてみたり、意識する体の部分を変えてみたり、ということはほとんどの人がしているようですし、公案修行など体得することの最たるものかもしれません。

(公案修行については10月13日の講演をお聞きください)




体得とは相対することと思うかもしれませんが、勉強も大事。

この日は英語を話す方がご参加でしたが、私の英語力ではご迷惑をかけるばかりでした。

タイムマシンがあったら今すぐ「海外に行かないから英語なんて勉強するもんか!」と頑なだった中高生の自分を説得しに行っているところ。

気付く(体得する)→勉強する→気付く(体得する)と繰り返していきたいものです。

  合掌 翡翠

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://women.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/316
Copyright © 2012 人間禅 女性部 (Powered by ImpressCMS) | Design by PAGE DESIGN lab.