メインメニュー
検索
トップ  >  禅は出家者だけのものではありません
禅は、東洋文化の長い伝統の中で磨き上げられてきたすばらしい人間形成の道です。この道はすべての人に開かれています。決して僧侶だけのものではありません。

古来、禅の修行によって人間形成を図るとともに、禅の精神を自らの分野に生かして新生面を切り開き、おおいに社会に貢献した居士(出家せず、在家のまま禅の修行をした人)も多くおります。

鎌倉時代の執権北条時頼・北条時宗。
室町時代では、能楽の世阿弥や金春禅竹。俳諧連歌の山崎宗鑑。
茶の湯の村田珠光・武野紹鴎。
そして茶道を確立した千利休(写真)


戦国時代の武将武田信玄・上杉謙信・伊達政宗。        
江戸時代では蕉風俳諧の松尾芭蕉。文人画の池大雅。
剣豪柳生宗矩・宮本武蔵。




明治維新の陰の立役者である勝海舟(写真左)
山岡鉄舟(同中央)
高橋泥舟。
明治に入り、文豪夏目漱石。
落語家の初代三遊亭円朝。『民約論』の中江兆民。

『青鞜』の平塚雷鳥(らいてう)(同右)

昭和では、西田哲学の西田幾多郎。禅思想の鈴木大拙。プロ野球の川上哲治などが有名です。

プリンタ用画面
前
禅とは?
カテゴリートップ
TOP
次
【三昧】すべての宗教に共通するものであり、人間形成の基盤になるもの

Copyright © 2012 人間禅 女性部 (Powered by ImpressCMS) | Design by PAGE DESIGN lab.